短期留学と日本人のいない地域の選択

短期留学で語学力を高めようとしたら、海外ではあえて、日本人の友人はつくらないことです。やってはいけないこととして、せっかくの語学留学先で、日常的に日本語を話すことです。



せっかく母国を離れて海外へ行き、多国籍の人間がランダムに交流をする場にいるのですから、あえてその環境を利用しない手はありません。

ただ、多国籍人種が集まると、人間の本能として、人間は自分と外見が似通った人間をみつけて、話しかけたり友人関係になろうとします。

日本人の留学生のパターンであれば、毛髪のカラーや肌の色が比較的似ている、系列としてはアジア人とのコミュニティーを作ろうとします。


友人ができるのは良いとしても、友人も日本人ばかりであったら、海外にいても会話は日本語になるでしょう。日本語で話す方が楽ですし、慣れない異国の土地では同じ日本人に近づくのは無理もありません。

マイナビニュースの情報を探すならこちらです。

しかし海外まで来た目的を思い返した時、海外に来てまで日本人との会話に時間を費やすべきかを冷静に考えることです。



英語を上達させるのが目的ですので、最初から日本人同士の出会いが、ほとんどないようなエリアを、選択的に留学先として決めれば問題は解決します。

短期間での滞在であれば、なおのこと心を鬼にして、同じ日本人同士で集まって、語学が全然上達をしない自体は避けたいものです。

例えばアメリカだとしても、とても広いアメリカだからこそ、あえて日本人が少ない地域での語学留学をしてみるといいです。